宅配業者でバイトするのは過酷でしょうか?

宅配バイトは大変?その事情とは

>

宅配業でのバイトは

募集企業はどんなものがあるか

よく見かけるのが大手運送業の名前です。ヤマト運輸や佐川急便、日本郵便といったものです。
他には、ピザ屋や弁当屋、レストランなどのフードデリバリーの会社や酒屋やスーパーが募集している場合があります。最近ではウーバーイーツといった新しいタイプのデリバリーサービスも登場しており、人員を欲しています。
自転車で配送する場合もありますが、多くは自動車やバイクでの配送になり、そちらの方が時給は高めに設定されます。当然、原付や普通自動車免許の所持が必要となります。
安全運転ができるという絶対条件がありますが、効率よく配達できるようなスキルも必要になってくるでしょう。道路状況などは簡単に調べることはできますが、ルートの選定などはある程度道を知り、配達を組み立てることができるとやりやすいですね。

バイトの内容とは

宅配業でのバイトの内容は、文字通り荷物を届けることです。
簡単といえば簡単です。
宅配業者のバイトであれば車で荷物を届けますが、フードデリバリーなどではバイクで届けることが多いでしょう。
食べ物の場合は時間が決まっていることが多く、効率の良さが求められます。空いているルートを調べるなど、遅れないようにする努力は必要です。
宅配業は玄関先に入ることもあります。基本的に孤独な作業が多いものですが、客先に顔を出すときには最低限の身だしなみや言葉遣いはしておきましょう。
こうした配達作業の他に、宅配のスタッフが注文先の受付をしていることもあります。
フードデリバリーの場合は店舗の清掃、電話対応などの雑務を兼務することもあります。


TOPへ戻る